子供オンライン英会話で効果的なレッスンとは

子供が英語を話し始めるとき、be動詞は省略されていることが多いです。

なぜならbe動詞が無くても英語として意味が通じることが大半だからです。

Where cat?
Where dog?


と言うだけで意味は通じてしまいます。
通じるので、それで良いと思ってしまう子供が多いのです。


しかし文法的には間違っているのですから、どこかで修正しないと、be動詞の概念が理解できないままで大人になってしまいます。
日本の中学校ではbe動詞はしっかりと教えるのは、逆に言えばネイティヴの子供にbe動詞がわからない子供が多いことも関係しているのです。


つまりbe動詞が使えるということは、しっかりとした教育を受けて、勉強をしたという証拠にもなるのです。

英語に幼児期から接していたとしても、意識的に勉強しないと正確な文法が身につく効果は得られません。
英語の文法が苦手なアメリカの小学生はたくさんいます。

日本において、英語の幼児教育というと、文法はさておいて、英語の音やリズムに慣れ親しむと言ったことに主眼を置いたものが多いのが現状です。

幼児のうちはそれでいいかもしれませんが、小学生ぐらいになると発音は良くて、普通に話はできるけど文法は苦手という子供になってしまうことがないようにできるだけ気をつける必要があるのです。

英語の幼児レッスンを受けさせる場合、まずは子供が楽しめるレッスンを提供していることを第一に講師を選ぶのはいいのですが、小学生ぐらいになったらただ単にそれだけで終わってしまうことがないような工夫が凝らされているかという点も親としては見定めなくてはなりません。


それを見極めるのは親の力量になりますが、英語がわからなくても、例えばオンライン英会話などはほとんどのところが無料でレッスンを受けられます。

無料お試しレッスンの時は親も横にいてレッスン内容を理解しておくことが先決です。

こちらのオンライン英会話スクールはクラス制のグループレッスンで小学生におすすめのオンライン英会話レッスンです。
​もちろん無料レッスンもありますので、ぜひ受けてみることをお勧めします。

 

ただ単に歌って踊って楽しんでいるだけの英会話レッスンでは、幼児期にはいいかも知れませんが、逆に小学生、中学生になってから子供が苦労することになってしまうからです。

せっかく貴重な時間とお金を使って子供に英語のレッスンを受けさせるのですから、躾という点も、数あるオンライン英会話のなかでどのレッスンを選ぶのかということにおいて、重要な要素となるのです。


そもそも、ネイティヴの子供は英語で親から注意されたり、怒られたりしているわけです。
本当に身につく英会話レッスンでは、子供の成長に必要な躾も英語で行なってくれるものです。

学校と同じで、授業中に隣の人とおしゃべりをしていたら注意されるのは当然のことです。

英語のレッスンが単なる子供の遊びの世界で終わってしまうことがあってはなりません。
ダメなことはダメ。いけないことはいけないと、はっきり子供に英語で注意してくれる先生なのか、それとも、まったくそういった躾に無頓着な先生なのかによって子供の育ち方にも大きな影響が出てくるのです。

英語で注意されたり、怒られたりしても、子供にとっては意味がわからないかもしれませんが、感覚的に子供は意味を理解するものです。


何が良くて、何が悪いのか?この善悪の判断基準が幼児はあいまいなので、この幼児期にしっかりと教える必要があります。
その部分を英語で行なってこそ、真に価値のある英会話レッスンとなるのです。

© 2018 子供オンライン英会話 rss